ジャボイフットボールクラブ ランニング課

2015年10月 大阪マラソンにてサブ3達成
その後のトレーニングや日々思うことを書き留めて
行きます。

1秒の重み /主食は納豆キムチご飯が最強。

昨日に引き続き mid summe geme 詳細です。


3.000mが終わり、約1時間後に1.000mが始まります。
正直、既に乳酸が溜まり 歩くだけでダメージが残っている状況なのは分かっていたので、この1.000mをどう走るか直前まで思い悩むだろうとは思っていました。
本当は3分切がベストですが このダメージを抱えたまま 自己ベストは恐らく難しいだろうと・・・。 この辺りのメンタルと体力がまだ自分の力不足な所です。
とにかく、スタートまで 疲労が抜けることを願いながら過ごしました。


その1時間の間、前回書いた 超絶スパートや
100m走 追い風ですが10秒5の走りを見て、どうしても自分だって早く走りたいというモチベーションは上がってきます。


結局 3分フラットでどこまでいけるかチャレンジすることにして、
1000mスタートしました。
スタートが2列目ということで 5~7番目位で最初のカーブを通過
正直そこから 600m地点まで あまり記憶が有りません。
只 残り1周地点のタイムが1分50秒だったので、この1周400mを 69秒以内で走れば
3分切れる ということでロングスパートをかけました。
今思えば、自分の遅い足でそれができると思ったことも不思議でしたが、やはりそこはトラック競技の面白さだと思います。     
その時点で前には1人だけでしたので、徐々に距離を詰めていき、残り300m位で追いつきました。 そこから前の人も粘り 中々抜けず 並走する形になりましたが
最後100mで 最後のスパートをかけ 一生懸命走ると ゴール地点の時計が
2分55秒 56秒と 進んでいきます。
とにかく頑張って 恐らく2分59秒の間に ゴールに駆け込みました。
結局 どちらの目標もクリアできたことに、満足というより 安心が近いかと思います。


昨日夜検索すると、正式な結果が出ていました。
2分59秒7ということで、本当にギリですが、 これが3分00秒かかっていることに比べると、年数回しかレースに出ない自分にとっては今後のランニング人生を大きく変える1秒
になるのではないかと思います。


また、3.000mは 9分55秒だと思っていたら9分54秒でした。
この1秒も、傍から見ればたかが1秒ですが、個人的には大きい1秒です。



今後は、同じ距離のタイム向上は勿論ですが
    5000m  16分台(17分切)
   10.000m   35分台(36分切) 
もしトラック競技で出ることがあれば、 目指していきます。


mid summer game 2017 詳細。

さて、昨日速報で書きましたが、
mid summe gameの詳細を書きます。
初めてのトラックレース どんなもんかと思いながらも
これに向けて 約1カ月 ほぼポイント練習(レペ、インターバル)のみ行いました。


今回、10時5分から 3.000m走  
   11時20分から 1,000m走  近所の競技場なので、家を8時過ぎ出発
   コンビニ寄りながら、9時前には着いて、トラック3周ほどアップ。


さて、3.000mについて 当初の本当の希望は やはり10分切り 
ということで練習を繰り返しましたが、練習のベストでも10分25秒かかり、
実際 3分20秒X3本は いけるかなとも思ってきてはいましたが
当日も 真夏の真昼ということで、設定ペースを下げるかどうか迷っていました。
当日 天気が曇り&気温もそこまでという好条件なので、そら狙って走らないと!
ということで、3分20秒をなるべく長くキープする作戦です。
3000mは、申告タイムの遅い順番から4レース有り、私は3レース目の出場
せっかくなので前の組を見ていると、 ほとんどの人が終盤失速していました。
 やはり一定のペースは無理なのか・・とも思いましたが、先にダッシュできる実力も
ないので、とりあえず作戦通りにスタート
自分の組は、10分ジャスト~10分30秒申告の人がほとんどで、幸いにも同じような考え
の人がやはりいました。
先頭集団5~6人で、 トラック半周を丁度40秒で 進んでいきます。私は4~5番目
位で、とりあえずこの集団についていきました。 1000m地点は丁度3分20秒  1.600m位で2~3人落ちていき、先頭集団が少なくなります。 やはりこの時点でもあまり余裕は
有りませんでしたが、何とかついていき、2000mの通過が 6分40~41秒位
残り1.000mを 3分18秒以内だと目標クリアということと、まだ何とか足が残っていたので、ここから少しスピードアップ。 結局先頭集団の残り2人は 少しペースダウン
したことも有り、少し早めの単独走になってしまいました。
ここからは自分との戦い 一生懸命走りました。
ちなみに、最初のネット登録時に、コメント欄があったので「地元ではアベベと呼ばれて
います。」と書いたせいで、実況の方から 「アベベ~!アベベいけ~!」と応援して
もらいました。恐らく皆苦笑いだったと思いますが、それに応える余裕もなく、残り400m 力を振り絞って走りました。
最後50m地点で、10分切れることを確信 それでも余裕はなく 最後ヘロヘロなりながらゴール 多分9分55秒でした。
 個人的にペースを落とさず 目標クリアできたことで、心の中でガッツポーズ。


只、その次のレースで 先頭が8分45秒位 最下位の方とほぼ同じタイムということで
やはりまだまだ力不足を再確認できました。
(先頭の人は、最後100m 多分12秒代位で駆け抜けていました。衝撃でした。)


1000mは、次のブログにて。。







  





ミッドサマーレース 速報。

本日、枚方マスターズ主宰のミッドサマーレース本番でした。

天候は曇り、気温もそこまで高くなく、絶好のコンディションの中、3000mと、1000mを走り、それぞれ

9分55秒

2分59秒と、どちらも自己ベスト&目標クリアしました。


詳細はまた後日書きます。