ジャボイフットボールクラブ ランニング課

2015年10月 大阪マラソンにてサブ3達成
その後のトレーニングや日々思うことを書き留めて
行きます。

テーパリングとは。

元サッカー日本代表 遠藤保仁は言いました。
「強度のトレーニングで体が重い状態で試合するより
 何日か休んで体がなまっていても、体が痛くない状態でプレーする方が、
 自分は良いパフォーマンスできます。」


今シーズン 走るかどうかもわからずスタートし、結局エントリーできたのは
寛平マラソンのみ、 それも3月12日ということで、2週間を切って
テーパリングについても考え始める時期に来ました。


ネットで色々調べていると
「強度は変えずに、徐々に距離を短くしていく」というのが基本的なようです。
それって強度も減るんじゃないかと思うのですが、要は
30キロ走るつもりで走って、20キロで終わる みたいなイメージでしょうか。
とにかく、スピードというより距離を短くという意味で捉えました。


自分の中での、強度を考えると
インターバル  B+
10キロ  37分以内  A   40分以内 B  それ以上 C
20キロ  4分以内   A   4分15秒 B+ それ以上 B
30キロ  4分以内   S   4分15秒 A  それ以上 B+
3時間前後走  5分以内   S   5分以上  A


位です。
これからは、A以上の強度は控えるようにしていこうかなと。
(結局、走り出すと止められなさそうですが・・)


また、良い記録が出る条件はいくつかあると思いますが
気温     5~10度位
天気     曇り
風      無風
スタート位置 前列
コース    平坦
応援     多い
体調     万全


こんな良い条件で走れることなんてほとんどないでしょう。
寛平マラソンで、確実なのはコースが平坦なことのみ
(田んぼ道を走るとの噂です・・)
今できることは、体調管理と 嫁さんへのサービス 悪い条件でのイメージ位かと思います。
とにかく、どんな条件でも サブ50達成する強い気持ちを持って
臨みます。