ジャボイフットボールクラブ ランニング課

2015年10月 大阪マラソンにてサブ3達成
その後のトレーニングや日々思うことを書き留めて
行きます。

寛平マラソン スタート~

昨日教えてもらいましたが サブ50ってランニング業界では
サブ江頭(2:50)って言うんですね!


昨日に引き続き、備忘録として書きます。
スタートの号砲後、スタートラインまで26秒かかり、走り出しました。
※ここからは、ストップウォッチの関係上 ネットタイムで書きます。


タイムを狙う人なら誰でもでしょうが、最初の1キロのタイムは非常に重要です。
当初の作戦も、30キロまでキロ3分58秒平均ということで、スタート直後の渋滞地点、人をすり抜けながら
後々考えダッシュはしないよう、最悪4分30秒以内で1キロ地点を目指しました。
最初の1キロ 3分57秒 
そこからはなるべく抑えようと走りましたが、3分55秒前後で推移。
体感的には、やはりレースということでリミッター解除状態なので、ゆるジョグ感覚でも
3分台が出ます。 5キロ通過は、19分40秒前後でした。
前方の折り返しから、トップを独走する川内三男と猛烈な勢いですれ違い、何故こんな河川敷大会に・・と思ったら、大輔花子師匠の為、駅伝で参加していたそうです。


10キロまではそのまま体に任せて39分20秒位
その時点で、かなり周りの人口密度は減っていました。
100m程前方に、3人の集団がいて、とりあえず少しずつ詰まればと思いながら
イーブンペースで数キロ走っていると、後ろから片手にゼリーを持ったランナーに
ゆっくりと抜かされました。(おそらくポケットがないランパンなのでしょう。彼のことはゼリーボーイと呼ぶことにしました。)
そのゼリーボーイ、数10m先でペースを落とした為、並走することに。
ゼリーボーイ「今、どれ位のペースでしょうか」
ワタクシ  「3分57秒位です。」
ワタクシ  「なかなか前の3人 詰まらないですね。」
ゼリーボーイ 「まあゆっくり追いついていきましょう。」
なんてことを話しながら数キロ並走後
彼は少しずつ落ちて行ってしまいました。


ハーフ通過は1時間23分20秒位
やはり脳のリミッターは解除されていても体は正直で、
少しずつ疲労がたまっていき、頑張ってキロ4分ペースをキープしている状況。
前の3人に引っ張ってもらうべく少しずつ差を詰めようとするのですが
ここからはまた次回書きます。