ジャボイフットボールクラブ ランニング課

2015年10月 大阪マラソンにてサブ3達成
その後のトレーニングや日々思うことを書き留めて
行きます。

記録と割合。

本日yahooニュースで見ましたが、大迫傑選手がボストンマラソンで3位に入った
そうですね。2時間10分代でしたが、最高気温25度 ペースメーカー不在での初レースで
この成績は素晴らしいとみなさんコメントされていました。


さて、先週日曜 長野マラソンやかすみが浦マラソンでは、多くのランナーが
気温に苦しめられ、タイムを落としてしまったそうです。。
気温が高いと、タイムが落ちるのはもうどうしようもないので、次の参考にするしか
ないと思いますが、やはりどんなに練習しても、外的要因でどうとでもなってしまう
スポーツなのだなと感じました。


そこで、ワタクシ 勿論タイムは気になりますが どうしても記録が出にくいコースは
存在します。
 そこで結構 総合順位は気にしています。


一般的に、   サブ3は全体の3%
      2時間50分切は全体の1% と何かに書いてありました。
(そのまま10分置きに3分の1になるならサブ40は0.3%  サブ30は0.1%?)


以前の私のレースだと
2014年 奈良マラソン 3時間18分  8000人中400位      上位6.2%
2015年 大阪マラソン 2時間58分 30000人中500位       上位1.6%
2016年 大阪城10キロ  37分代    550人中8位   上位1.4%
2017年 寛平マラソン 2時間48分  3000人中15位くらい 上位0.5%



大都市レースや、河川敷レースはやはり早い人が少ない(未経験者の割合が多い)
ので、上記のパーセンテージから数値は離れていますが、
走るからには タイムとは別に上位1%以下を目標にしていきます。。