ジャボイフットボールクラブ ランニング課

2015年10月 大阪マラソンにてサブ3達成
その後のトレーニングや日々思うことを書き留めて
行きます。

喘息児だった頃。

特に、ひどい人に比べると大した症状でもありませんが、、、
ワタクシ、小さい頃から小児喘息という謎の奇病にかかり
いまだに 数か月に1度 病院で薬をもらって 毎日処方しています。
(30歳過ぎて 小児科にかかるのはかなり恥ずかしいです。)


既にその先生は20年以上の知り合いになりますが、マラソンしましたというと
饒舌に語り始めました 医者というのは、マラソンが好きなのでしょうか・・。


先生曰く、自覚がない程度の軽度の喘息患者というのは、実は多いそうで
アスリートでも、 記録が伸び悩んだ際 喘息が発覚し、治療することで
劇的に調子が上がることがあるそうです。


ここ15年以上は安定していますが、実際症状がひどくなると 走るどころか 寝ることもできなくなります。
恐らく現在使用している薬がなくなると、症状がぶり返すんじゃないかという恐怖は
有ります。
※一応 気管支拡張剤ですが、ドーピングにはならないそうです。


素人ながら単純に考えると、空気をたくさん取り込めれば 心拍数の上昇も抑えられ 
記録も上がりそうなので ネットで心肺機能強化というのも調べてみました。
タバタ HIT等 しんどそうなトレーニングはやる前から諦めて
「腹式呼吸」 これなら普段でもできそうです。


ちなみに漫画「はじめの一歩」の伊達さんは マスク3枚重ねでトレーニングしていました。