ジャボイフットボールクラブ ランニング課

2015年10月 大阪マラソンにてサブ3達成
その後のトレーニングや日々思うことを書き留めて
行きます。

1秒の重み /主食は納豆キムチご飯が最強。

昨日に引き続き mid summe geme 詳細です。


3.000mが終わり、約1時間後に1.000mが始まります。
正直、既に乳酸が溜まり 歩くだけでダメージが残っている状況なのは分かっていたので、この1.000mをどう走るか直前まで思い悩むだろうとは思っていました。
本当は3分切がベストですが このダメージを抱えたまま 自己ベストは恐らく難しいだろうと・・・。 この辺りのメンタルと体力がまだ自分の力不足な所です。
とにかく、スタートまで 疲労が抜けることを願いながら過ごしました。


その1時間の間、前回書いた 超絶スパートや
100m走 追い風ですが10秒5の走りを見て、どうしても自分だって早く走りたいというモチベーションは上がってきます。


結局 3分フラットでどこまでいけるかチャレンジすることにして、
1000mスタートしました。
スタートが2列目ということで 5~7番目位で最初のカーブを通過
正直そこから 600m地点まで あまり記憶が有りません。
只 残り1周地点のタイムが1分50秒だったので、この1周400mを 69秒以内で走れば
3分切れる ということでロングスパートをかけました。
今思えば、自分の遅い足でそれができると思ったことも不思議でしたが、やはりそこはトラック競技の面白さだと思います。     
その時点で前には1人だけでしたので、徐々に距離を詰めていき、残り300m位で追いつきました。 そこから前の人も粘り 中々抜けず 並走する形になりましたが
最後100mで 最後のスパートをかけ 一生懸命走ると ゴール地点の時計が
2分55秒 56秒と 進んでいきます。
とにかく頑張って 恐らく2分59秒の間に ゴールに駆け込みました。
結局 どちらの目標もクリアできたことに、満足というより 安心が近いかと思います。


昨日夜検索すると、正式な結果が出ていました。
2分59秒7ということで、本当にギリですが、 これが3分00秒かかっていることに比べると、年数回しかレースに出ない自分にとっては今後のランニング人生を大きく変える1秒
になるのではないかと思います。


また、3.000mは 9分55秒だと思っていたら9分54秒でした。
この1秒も、傍から見ればたかが1秒ですが、個人的には大きい1秒です。



今後は、同じ距離のタイム向上は勿論ですが
    5000m  16分台(17分切)
   10.000m   35分台(36分切) 
もしトラック競技で出ることがあれば、 目指していきます。