ジャボイフットボールクラブ ランニング課

2015年10月 大阪マラソンにてサブ3達成
その後のトレーニングや日々思うことを書き留めて
行きます。

自分は アスリートではない サラリーマンだ。

「故障」
どうしても、どんな競技であれ長く続けていると
避けては通れない道だと思います。
 
先週 個人的にレースを走りましたが、その為の練習は全て
インターバルかレペか という内容だった為か
アキレス腱あたりに、少し痛みが有りました。
走り始めたら 全く違和感がなくなる為、問題なく練習し
今も 普通に走れますし 全力疾走も問題有りませんが
起きてすぐ&数時間座った状態から歩き始めると、
まだ少し痛みがあります。
 
数年前まで、サッカーをしていて 走ることはアップの代わりだったので
素走りで怪我をするなんてことは あり得ないと思っていました。
 
幸い今までも 少しの違和感位までで 何日も走れないような故障は
経験したことが有りません。
只、やはり ブログや雑誌を見ていると
「どの段階で練習をSTOPするか」ということについて とても判断が難しいことだと
思います。
走り続けているとどうしても 走らないと気持ち悪い 体力がなくなるんじゃないか
太るんじゃないか モチベーションがなくなるんじゃないか 等不安と恐怖を感じてしまいます。
その結果 故障を抱えてだましだまし走り 結局故障が悪化し、記録も更新できないまま
歩くのもしんどい位の怪我につながり、泣く泣く引退か長期離脱になってしまいます。
 
子持ちのサラリーマンの私が走る常識的な目標としては
勿論タイムの向上も大きいですが
体を鍛える 健康になる ストレス解消 位で丁度良いと割り切ることも絶対に必要です。
その為には、故障の雰囲気を数歩かもっと手前で察知し
しっかり治して改めて走らないといけません。 
また、例えば土日 旅行や用事が入った時
今週は走れない・・という悲観的な気持ちになってしまうことも、逆によくないことです。
世間一般の人と同じく、走らない生活を普通と思えるように・・。
 
怪我は 突然なることもありますし 制御不能な部分が多いですが
自分への戒めとして書いておきます。


と言いながら 日曜日 初タバタしてみました~
また書きます。