ジャボイフットボールクラブ ランニング課

2015年10月 大阪マラソンにてサブ3達成
その後のトレーニングや日々思うことを書き留めて
行きます。

と、思う。。  読書感想文。

数週間前  通勤ラン17km中  膝が痛くなりました。。
正直今までも練習中に時々痛くなっていたが 練習終わるとすぐ
その痛みは消えていたのと 次回練習時は全く問題なかったので
ました。 まあ反復運動で 少し関節がぐねった感じなのかなと
思っていました。


只、その17km走から その傷む頻度が多くなっていき、
最近は2回連続でひざ痛が出てきました。
ゆるゆるであれば走れるし 痛みが出ない練習ができる日も有りましたが
改めてネットで検索してみると 膝の外側 いわゆる「腸脛靭帯炎」と
症状が一緒なことに気付きました。


ランナーズに出てくる人達はのほとんどが怪我で長期間離脱している経験を
もっているように感じますが 正直自分は怪我とは無縁で走っていくんではと
思っていましたが この症状と向き合ったラン生活をしていかないと
いけないのかもしれません。


このような負傷の怖い所は 
「走りながら治す」という言葉をよく聞く通り、軽症のうちはある程度だと
そのままの状態でも走れてしまうことです。
私も間違いなく 軽いジョギングはできます。痛みが出ないうちは全力疾走も
余裕でできます。
只 結局それで怪我が長引いたり 逆に重症化することも
かなり多くあるのではないか  と思います。


私の持論としては 軽症のうちに完治させ
改めて走り始めた方が結局早いのではないか と思います。


幸い、仕事は外回りが多く 歩きだけでも1日2万歩くらいの運動は
しているので、 そこまで筋力がおちることもないだろう と思います。


月曜に最後の練習をして 火曜~土曜まで 走りませんでした。
日曜走ると 6キロ位から痛みが・・・。練習ストップしました。
また数日休みます。



^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
インザ・ミソスープ    村上龍  ☆☆☆☆
風俗店ガイドをしている22歳のリュウと
ガイドを依頼したアメリカ人 フランク。
ガイドをしていくうちに この奇妙なアメリカ人が
数日前の女子高生バラバラ殺人犯ではないかと疑い始め・・・


とにかくフランクの存在感が凄い。怖い。
村上龍は普段何考えたらこんな文章を書けるのか
本当に謎です。 外人から見た日本人がとても深くかかれています。
大切なことは 思いを口に出して伝えること。