ジャボイフットボールクラブ ランニング課

2015年10月 大阪マラソンにてサブ3達成
その後のトレーニングや日々思うことを書き留めて
行きます。

暗峠 ランニング

17時過ぎには39度を越え、さすがに仕事できる状態じゃないということで
 そこから準備し早退、近くの病院で計ったところ、40.6度と 今まであまり
見たことない位上がっていました。
インフルエンザは陰性 やはり普段ゼーハーすると、脳が勝手に 苦しいことに
耐えられると判断するのでしょうか。。
ロキソニンで体温下げ、次の日も東京出張しましたが やはり本調子ではなく
 この週は 走った距離3キロ。 
11/4(土)まだまだ体調戻っていませんでしたが、色々都合が重なり
 かねてから通りたかった 暗峠ラン慣行しました。



※大阪と奈良の間には 生駒山が県境に沿ってタテにそびえています。
  ダイトレ等 縦走トレイルランは有名ですが 左右にも、走ることのできる峠が
 何本か有り その中でも暗峠は 傾斜が急で有名な峠です。
 ブロガーの間では 暗峠選手権 なるものも開催されています。
  詳しくは ネットで検索して頂ければ。。






大阪側のスタート地点とゴール(頂上)地点の写真です。
約2.2キロ位でしょうか。
とりあえず 今できる範囲でスタートし、トットコ走っていきました。
数100mで、今まで登ってきた坂とは違うことが分かりました。
本当に急こう配  急な階段を上っているようです。 また、スタートの写真にある
八土ー46という看板について、登る度に何度も看板が有り、その数字が上がっていくのですが、それがいくつまであるのかがわからず、恐怖でした (標高の、400まであったら完全に途中でダウンしていましたが、結局160まででした。)
正直 登山客の切れ間で誰も見ていない所で途中何度も歩きました。見られていると
恥ずかしいので・・・
体調も悪く ヨロヨロ走って 最後600m位は坂が緩くなり、何とかゴール
とりあえずタイムを計っていましたが 大体19分20秒位でした。
ベストで頑張れば、 17分台位でしょうか。


奈良側に降りるて往復時間はなく
そこから引き返しましたが、下り坂も非常に怖いです。
調子にのって走って降りましたが、夕方膝が痛くなったことも有り
やはり登りより下りの走り方ってすごく大事なことを再確認しました。
終わり。