ジャボイフットボールクラブ ランニング課

2015年10月 大阪マラソンにてサブ3達成
その後のトレーニングや日々思うことを書き留めて
行きます。

個人的に今必要な練習について。

自分の場合 ほとんど週1回程度しか更新しないのですが
久しぶりに2回目の更新してみました。


さて、私 学生時代はサッカー部だったので
陸上には疎いのですが、他の方のブログを見ると
卓球では張本君 陸上でも スーパー中学生という人がいるそうで


この石田洸介君  今回も都道府県駅伝に出ていたそうですが
確かに圧倒的に速いです。
2位以下の子らは 完全に2位狙いですね。
https://www.youtube.com/results?search_query=%E7%9F%B3%E7%94%B0%E6%B4%B8%E4%BB%8B+3000m


さて、私はというと 1月のハーフに向けて11月からある程度距離を
踏んでいき、 先週は90キロ
今週もここまで35キロと いつも以上に走っていることも有り
回復も早くなってきているような気がするのと、なんとなく走れば走る程
走力が上がっている気がします。
(ダニエルズの表も、これ以上は出るという最低ラインの参考程度にしています。)


自分の状況としては、子供もいて、土日は朝8時以降はほぼ100%家族サービス
仕事も不定期な出張が多く スケジュールを組んで練習というのが難しいですが
自分なりに空いた時間でできる練習と、優先順位等考えたのですが
今 早くなるため個人的に必要な練習を書いてみました。


①ロング走
 → 当たり前ですが、42キロ走り切る為に絶対に必要な練習です。
   ハーフなら15~20キロペース走で大丈夫だと思いますが
   フルになると、個人的には
   レースペースで30キロ or  レースペース+30秒でレース想定ゴール時間走
   この2つがポイント練習のメインだと考えています。
   どちらかというと 後者の方が 自分の弱点強化になるような気がします。
   
②短距離走
   テーマとしては 
   A早く走るフォームを作る為
   B早く走る筋力をつけて ストライドを伸ばす為
   C心肺筋の筋トレ
   自分的には Cのフレーズが気に入っているので インターバルでも
   2000とか3000よりは 1000m以下で、ある程度MAXスピードに近く
   走りたいと考えています。ですので、最近は時間無い時はタバタを
   割とやったりします。(ジョグの合間とかでも。)


③通勤ラン
   これは距離を稼ぐ為&ダイエットという目的です。
   只、キロ5分より遅くならないよう注意しています。


④上記練習直後 フラフラの状態で1キロなり1本なり追加で走ることが
より効率的に早くなる方法だと思います。


また、疲労抜きジョグについて 色々人によって意見はあるかと思いますが
個人的には 水泳やサウナなら分かりますが
走った疲労を走って抜くというのはありえないと思っています。
自分的に、疲労を抜くには 走らない1択です。
(普段仕事と住んでいる場所柄 1日1万5000歩位は歩くのでこのような
 考え方になるのかもしれません)


もっと細かく考えて練習して早くなっている人もいるとは思いますが
どうしても大雑把な人間なので、とりあえずは①~③を続けてどうなるか
また次のレースで答え合わせしていきます。